技術/技士系/他専門資格情報top > マンション管理士の資格

マンション管理士:お勧め技術/技士系/その他専門資格

マンション管理士の資格について

マンション管理士マンション管理士と聞いてまず頭に浮かぶのは、
マンションの管理人なのでは?
実はそうではなく、マンションの管理人とは
別の役割を担っています。

例えば、どのような事を行っているかというと…

マンションの各戸の所有者によって結成された
管理組合や住民からの相談に応じたり、
マンションで日々発生する様々なトラブルを
解決する為にアドバイスを行うコンサルタントの役割を担っています。

しかも、国家資格でもあり難易度も高く、不動産・建築業界への就職・転職の際や、
勤務先での昇進・昇給における、大きなアピールポイントになりうる資格です。

また、管理業務主任者・宅地建物取引主任者・行政書士・司法書士など、
他の資格と組み合わせる事で、活躍の場もさらに広がります。

マンション管理士:資格の特徴

マンション管理士の資格には、下記のような特徴があります。

  • 年齢/性別/学歴/実務経験の制限無しに受験が可能
  • 全国で通用する国家資格として、ニーズは高く比較的安定した求人がある
  • 国家資格でもあり難易度も高く、不動産・建築業界への就職・転職に有利
  • 有資格者として、勤務先での昇進・昇給における大きなアピールポイント
  • さらなるステップアップを目指し、他の不動産関連資格取得にも有利

お勧め技術/技士系/他専門資格:マンション管理士

マンション管理士の検定試験概要は、下記の通りです。

項目 概要
受験資格年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
(但し、マンション管理の適正化の推進に関する
法律第30条第1号各号に該当しない方)
資格の種類国家資格
試験内容1.マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
・建物の区分所有等に関する法律
・被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
・マンションの建替えの円滑化等に関する法律
・民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)
・不動産登記法
・マンション標準管理規約
・マンション標準管理委託契約書
・建築基準法
・都市計画法
・消防法
・住宅の品質確保の促進等に関する法律等
2.管理組合の運営の円滑化に関すること
・管理組合の組織と運営(集会の運営等)
・管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)
・管理組合の苦情対応と対策
・管理組合の訴訟と判例
・管理組合の会計等
3.マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
・マンションの構造/設備
・長期修繕計画
・建物/設備の診断
・大規模修繕等
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
・マンションの管理の適正化の推進に関する法律
・マンション管理適正化指針等
試験方法50問/マークシート方式(四肢択一)
試験の1部免除者については45問
合格率合格率は7~8%前後と難関の部類の資格