技術/技士系/他専門資格情報top > 気象予報士の資格

気象予報士:お勧め技術/技士系/その他専門資格

気象予報士の資格について

気象予報士気象予報士のことを知らない人は、
今やもう珍しくなっていますが、
では、実際にどんな事を行っているかを
全ての人が理解しているでしょうか?

多分ほとんどの人が、テレビの天気予報の
解説をしている人を思い出すのでは?

確かに気象を予報して解説する事も、
気象予報士としての仕事の一つでもありますが、
それだけではなく、官庁や自治体などの公共機関、
天気予報を専門にしている民間の気象予報会社など、色々とあります。

そして、所属する気象予報士が調べ上げた気象情報を、
顧客であるレジャー産業や食品業界・航空業界・船舶業界などの、
多くの企業が製造や営業などの企業活動に活かしているわけです。

気象に関する国家資格という事や、環境問題が注目されている
世の中では、これからも益々重宝される資格になるのではと予想されます。

お勧め技術/技士系/他専門資格:気象予報士

気象予報士の検定試験概要は、下記の通りです。

項目 概要
受験資格年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
資格の種類国家資格
試験期日例年1月下旬と8月下旬に計2回
試験内容
【学科試験】
1.予報業務に関する一般知識
・大気の構造
・大気の熱力学
・降水過程
・大気における放射
・大気の力学
・気象現象
・気候の変動
・気象業務法その他の気象業務に関する法規
2.予報業務に関する専門知識
・観測の成果の利用
・数値予報
・短期予報/中期予報
・長期予報
・局地予報
・短時間予報
・気象災害
・予想の精度の評価
・気象の予想の応用
試験内容
【実技試験】
1.気象概況及びその変動の把握
2.局地的な気象の予想
3.台風等緊急時における対応
試験方法【学科試験】
マークシート方式(五肢択一)
【実技試験】
文章や図表で解答する記述式